テムズバレーとリッジウェイの驚嘆的なパノラマ景観を鑑賞できる、すばらしい自然美を誇るイギリスのバークシャー地域は、ゴルフコース建築家、Harry Colt氏が設計した18ホール、パー71コースのGoring and Streatleyゴルフクラブの故郷です。

現地のチャレンジは明白でした。

Goring & Streatley 7番ホール

写真提供: Goring & Streatley ゴルフクラブ

49年前に敷設された灌漑システムには漏洩があり、電気設備には欠陥がありました。 2016年、コースの運営を継続するために、6人のコースチームが2か月半かけて灌漑問題のみに取り組みました。 長期間の干ばつ後、地面は堅焼きされたように固くなり、 疎水性作用により雨天にはひどい状態になりました。 変化し続ける地形、 国立配電線とテムス配水ポンプ場を含む複数の公益事業が存在し、コース内に走る白亜と石英を含む地盤など、 現地のチャレンジは最初の測量時に明白になりました。

灌漑コンサルタントは膨大な静的変化(現地から周囲70メートル)、水の保存、エネルギー効率の必要性を考慮して、貯水池や試掘穴からの抽出を含むアップグレードを設計しました。 地盤調査により、請負業者は植付けが必要な最適かつ特殊な植物を特定し、最初から契約目標の達成を確実にする調整プログラムを顧客と計画することができました。

重要な違い

Goring & Streatly15番ホール

写真提供: Goring and Streatleyゴルフクラブ

Goring and Streatley ゴルフクラブはWindows 10の機能とマッピングを使用する Rain Bird IC System™ Stratus™ II 中央制御システムにアップグレードするために70万ポンド以上の高額投資を実行しました。 インフラの中核となる灌漑は完全に取り替えられ、新しい配管とグリーン、ティー、アプローチ、フェアウェイ全体に計739個のローターが設置されました。 Rain Bird Golf 700 & 900シリーズローターがグリーン、エプロン、周囲、フェアウェイ、およびティーに設置され、5004と8005ポップアップローターも選択されたティーグラウンドに設置されました。

.完全機能のRain Birdシステムを装備したことで、時間の節約に大きな効果がありました。 フェアウェイの初の灌漑は農耕的な影響を及ぼし、 特定地域がシーズン中湿気を受け入れられるように、様々な製品や湿潤剤を利用できるようにしました。

「偉大なゴルフコースを定義する最も重要な特徴は灌漑システムです。 主な投資はBB&O (バークシャー、バッキンガムシャー&オックスフォードシャー)における選ばれるクラブになるという私たちの使命を蘇らせ、クラブの未来を確保するために行われました。 」

– Goring and Streatleyゴルフクラブのジェネラルマネジャー、 Martin Hucklesby