Winged Foot ゴルファー

Winged Footゴルフクラブは、世界最高のゴルフクラブの1つと考えられています。このクラブの伝説的なウェストコースでは、まもなく第6回全米オープンと第13回USGAチャンピオンシップ が開催されます。 1923年に有名なゴルフ建築家、A.W. Tillinghastに設計されたWinged Footは、伝統とエクセレンスに対する献身のために世界から尊敬の念を集めています。 ボランティアスタッフの減少など新型コロナウィルスに関する新たな問題にも関わらず、Winged Footはオープンを開催し、プレーヤーとファンの期待に応えるために優良なプレイの実現に最善を尽くしています。

2016年、オープンの開催を目前にして Stephen Rabideau、CGCS、ゴルフコースディレクターはウェストコースの歴史的な修復に着手しました。 Winged Footが水の保全を望むということは、このコースで使用された1滴の水も説明する必要があるということです。

「クラブは常に水と水の欠如を心配していました。私たちは水を保全するために可能な限り全ての手を尽くし、過剰な散水を予防していることをクラブに報告し、実際にそれを行っていることを確認する必要がありました。」

— Stephen Rabideau

ウェストコースの14番ホールを背景に、タブレットでMIを操作し、ローターを実行する監督者

Rain Birdのモバイルインターフェース(MI)を使用することで、コーススタッフはモバイルデバイスを使ってソフトウェア内のノズルとスプリンクラーデータとコースの実測値を比較し、中央制御を簡単に監査および更新することができます。 わざわざコンピュータに戻ることなく、スプリングヘッドがある場所で更新できるため、時間を大幅に節約できます。 これは監査中のWinged Footスタッフ間の連絡も助けました。 各ユーザーが、他のスタッフが行った変更を中央制御で即座に確認することができ、重複作業を予防できます。 かっては大型プロジェクトと呼ばれたものが、今ではシンプルで迅速な更新になりました。

「[Rain Birdのモバイルインターフェース] は時間、すなわちお金を節約します…本当に簡単になりました。MIコントロールは抜群の効果をもたらします。」— Stephen Rabideau

Winged Footの灌漑システムの微調整は、業績にも大きな効果がありました。 毎日、全てのスタッフが中央制御の管理と更新のためにモバイルデバイスを使用しています。 スタッフはコースにいる間、変化を即座に見て取ることができ、システムが最高効率で運用されていることを簡単に確認できるようになりました。

Steve Rabideau、ゴルフディレクター

「コースが公衆の面前にある、これが 日々私たちを推進する原動力です。 悪い印象は与えたくありません、またやり直しボタンはありません。私たちが作っているのはゴルフプレイの表面であり、水はその最大の要素です。誰も柔らかいグリーン上でプレイしたくありません。皆、青々した堅固で高速なグリーンを望んでいます。そして紙一重の差でこれが決まります。」

— Winged Footゴルフクラブ、Stephen Rabideau、 CGCS(認定グリーンキーパー)、ゴルフコースディレクター

現在、 Winged Footは削減された水量で高精度の散水を行っています。最高のゴルフプレーヤーと世界の数百万人のファンが期待する優良なプレイコンディションの提供が容易になりました。

「限られた水量をほんの少し与えるだけで、プレイコンディションを整えられることを知って驚いています。」 — Stephen Rabideau

2020 全米オープンに向けて行われた、Winged Foot ウェストコースの最近の改造について動画をご覧ください。